HOME> ブログ一覧> ブログ詳細

AIらぶ涼聖

  • AIらぶ涼聖
  • Ai For You響涼聖による、独断と偏見で構成される日常ダイアリー
  • Ai For You -1st-(アイフォーユー ファースト)
  • 響 涼聖

悩み

毎年親孝行を兼ねて家族を旅行に連れて行くのだが、今年はまだ行き先が決まらない











一昨年は沖縄の八重山諸島で綺麗な海を眺めアイランドホッピングを楽しみ、去年は世界遺産の島屋久島でトレッキングや温泉などの自然を満喫した




















そして今年どこに行きたいかきくと、国内なら宮古島か与論島に行きたいという














だがこの恒例の旅行は例年5月のGW明けに行っているので、沖縄地方は正直梅雨入りと重なるのであまり気が進まない















離島マニアの僕が思うに宮古島の海はアジアでも屈指の透明度だが、天気が悪くては海も濁るし、そもそも宮古島には大した観光名所もなく、大人の家族で行っても全くすることがない















与論島なら尚更、大潮の干潮時にのみ現れる百合ヶ浜を見なくして行く意味などない(与論出身の方々ごめんなさい)














ならば海外はどうかと問うと、タイに行きたいと…














それもバンコク
















家族でバンコク…















正直これは、1番有り得ない選択肢だ















というのも、僕が思うに大人の家族旅行で1番行ってはいけない場所は僕はバンコクと思う















逆に男友達同士で楽しむにはバンコクはもってこいだろう












海外でモテないずんぐりむっくり日本人男性が最もモテる場所はタイ、次にフィリピンだ(もちろんノーマネーノーハニーだが)


















女子旅や恋人とバンコクに行くのもなかなか楽しいだろう














日本の半額以下でラグジュアリーホテルに宿泊でき、チャオプラヤー川を眺めながら美味しいタイ料理を嗜み、ルーフトップバーでは雰囲気抜群で酔いしれ、格安でスパを堪能できる















男兄弟や父親と行くのももちろん色々と楽しめるはずだ
















だが僕が連れて行くのは、御歳64歳の母親と一生独身を貫く勢いの34歳姉だ














アユタヤ遺跡やワット何ちゃら系を見るのなど1日で終わる













ましてや、以前カンボジアでアンコールワット遺跡群を観ている我々一家にタイの遺跡は正直感動も薄い













…となると、ちょっくらいいホテルに止まってトゥクトゥクに乗ってテンションが上がり、マッサージの安さと上手さに感動するくらいしかすることがない
















セブ島なら海を見てのんびり過ごすのもありだろう








海のない栃木県民からしたら海は感動だ




セブならカジノも楽しめる















バリ島でプール付きヴィラのインスタ映え系ホテルに泊まるのも、一生に一度はいいかもしれない








田舎で貧しい暮らしを強いられてきた我々にとって、朝食をプールに浮かべて写真を撮れば非日常なセレブ体験ができることだろう














香港で三つ星料理と夜景を堪能するのもステキな思い出だ



B級グルメを食べ歩くだけでも3日は楽しめる




また個人的には重慶大厦(チョンキンマンション)やモンスタービルもじっくり拝見したい





飽きたら隣国マカオでポトルガルの文化に触れたり、華やかしいネオン街とカジノを堪能もできる














ベトナムで世界遺産の街ホイアンを歩き、ダナンでのんびりリゾート気分も悪くない







僕の中でベトナム料理は最も日本人の口に合う料理とも思う















台湾もご飯は美味いし、猫好きの我が家なら猫村に足を運ぶのも楽しいはずだし、隣には九份でアジアの活気も味わえる





何より親日で日本語が通じるのが嬉しい












シンガポールならメトロポリタンならでは、中華街もアラブ街も楽しめ異国情緒を味わえ、治安もよく綺麗な街並みに映えるマリーナベイサンズは格別であろう




マレーシアならペナン島などで日本とはまた違うジャングル気分も楽しめるかもしれないし、イスラム国家というだけでも日本人からしたら興味深いことがたくさんだ




なぜ髪を隠すのか、決まった時間にお祈りをするのか、お手洗いに必ず礼拝所があるのかなど、初めて行ったらその文化の違いに感動すら覚えるだろう



















それを思うとバンコクって…













最近の物価の上昇は著しく道路の交通渋滞は死活問題、値札のない商品をここぞとばかりにふっかけ(これはアジアならどこでも一緒だが)、360°見渡せば必ずどこかにオカマがいる街だ






外はほとばしる熱気と暑さ、車内店内の冷房は尋常じゃないほど寒い













だが僕はそんなバンコクが大好きだ









そして彼女たちもバンコクに行きたいらしい













何しに行きたいのかはわからないが、聞けばアジアの遺跡や寺などを観光したいそうだ















それならインドネシアのボロブドゥール遺跡はFFXの世界観があって姉も喜ぶはずだし、ミャンマーのバガン遺跡を僕は見てみたい






ミャンマーに限っては、アジアを旅慣れた人たちがまた絶対に行きたいと豪語するほどだ





またこれらはカンボジアのアンコールワットと並び、世界三大仏教遺跡群でもある













しかし母親がミャンマーには難色を示す始末













それもそうだろう、彼女らの時代のミャンマーなど迫害や虐殺のイメージがあるに違いない(それを言うならば6年前に行ったカンボジアもそうではないか…)











百歩譲ってラオス、古都ルアンババーンの街並みを堪能し、メコン川沿いの原始的な生活を垣間見るのもまた乙ではなかろうか










またラオスでは象使いの免許もとれ、地元にある那須サファリパークではラオス出身の象使いも活躍しているほどだから、姉はもしもの際の転職先の候補も広がる









最悪何も面白くない場合は、ラオス産の美味しい緑ちゃんを堪能するだけできっと幸せいっぱいに包まれることだろう(おっとこれは悪いジョークだが)














とにかく東南アジア全てを比較しても、定年前の年寄りと賞味期限の際どい姉を連れて行くのがバンコクでないことは確かだ













東南アジアの8割を渡り歩き、アジアの旅行記を片っ端から読み漁って知識をたんまり詰め込んだ僕が言うのだ

















そして色々きいた結果、最終彼女らが行きたい場所は…

































とにかく暖かい所






















…だそうだ























今日も那須塩原市の天気は雪、最低気温は-7°だ


















地元が暖かくなり彼女らが冷静になった頃、もう一度行きたい場所をきいてみようと思う







記事の全文へ

微笑みの国から HAPPY NEW YEAR


AI♡涼聖をご覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

めっきりブログを書く回数が減ったにもかかわらず、前回更新した時は割りと沢山の方たちから直接コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊感があるのかとか、スピリチュアルな力を持っているのかとも聞かれましたが、僕はUFOや宇宙人を信じても霊的なものは信じない主義です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“あとがき”をさせていただくと、前回の記事はほぼ実話の話なんですが、闇編に関しては多少改良を加えております。

 

 

 

 

 

 

 

…というのも、あれでもかなり表現をオブラートに包んだ方であって、実話は更にあれ以上に闇が深くあまりに現実とかけ離れてしまうため(要は空想上のお話と感じられてしまうため)改良を加えさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦、例のごとく彼女のLINEを通して母親から明けましておめでとう、これからも彼女の事を忘れないでねとLINEがきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喪中じゃないのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、僕は心の中だけでツッコミを入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな涼聖さんは現在タイとマレーシアの国境付近である『Koh Lipe』という場所にいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国で言うとタイなのですが、アクセスでいえばマレーシア経由の方が近く、ランカウイからスピードボートで、そして浅瀬の手前でボートに乗り換えてビーチで入国管理を済ますという何とも原始的な島です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイのモルディブとも言われ海の透明度は宮古島にも負けないほど、だけど物価が安くハワイやモルディブの4分の1程度の費用で滞在でき、事実僕は3食マッサージ付きでまだ1万円も遣っていないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな今回は、タイ王国についてのお話をちょろっとさせていただこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの話をホストである僕が言うのはかなり具合のよくない話かもしれないし、そこに従事する女性からしたら気分の悪い話かもしれない。

 

 

 

 

 

だがこれは僕の価値観ではなく現実をあくまで綴っているだけの話なので、精神の不安定な方は閲覧を控えるか、デパスを服用した後に読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイとは世界有数の売春国である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコクやパタヤ、プーケットのきらびやかなネオン街に行けば、そこにはゴーゴーバーを初めとした売春斡旋店が至る所に存在する。(残念なことに、ここリペ島にはない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで働く彼女たちは、巧みな日本語や英語で主に外国人を相手に商売を営んでいるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、僕の地元の友達が宇都宮で水商売をしおり、その際にタイ人の女の子と付き合っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達が彼女と別れた理由は、なんとお金持ちのおじさんと結婚をするからという理由でフラれたらしい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも言葉を失うというか、現実を突きつけられるような話だが、聞けばそれがタイ人にとっての当たり前の価値観らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイではお金持ちが絶対である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通違反をしても高級車はほとんど捕まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと悪いことをしても、賄賂を渡せばすぐに釈放される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺人は確か10億円で釈放だなんて話も耳にしたことがある。(真偽は不明だし、もっと安くて他の方法がありそうだが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ではレッドブルの創業者の息子が警官をひき逃げし、5年以上も前の事件なのにやっとこ逮捕状が出たという話が記憶に新しい。(結局捕まっていない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくタイでは富裕層に法の手が及ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本はお金に対してネガティブな感情もあり、僕自身も母親から『お金持ちはケチなだけだ。お金持ちは人を騙している。』などと吹き込まれて育った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてホストになれば、沢山の女子から『どうせ私のことなんてお金としか思ってないんでしょ!キィ〜!!』と言われる始末である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それをタイ人に言わせたら『何言ってんの?そんなの当たり前じゃないの。』と返すだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、これに関してはある程度世界共通での常識である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな寝ぼけた言葉を発するのは、情報操作により洗脳された日本人だけかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えれば単価を上げすぎるアオリさん庵さんはしっかりグローバルな働きをしているだけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院では安く治療が受けられ、衣食住がしっかり国に保証され、(戸籍の無い日本人も1万人いるというが)、これはもう平和ボケというかぬるま湯に浸かっているというか、あるいはこれもマッカーサーの仕業なのかもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマイル0円なのは日本だけ、本当に大切なものはお金では買えないと信じているのも、日本人の浅はかな幻想なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくタイはお金が全てなのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その友達の元カノはタイの田舎で生まれ、、中国人の父親は娘と妻を残したまま中国に逃亡し、母親は早々に男を作って日本に移り住んだそうな。

 

 

 

 

 

 

 

よって彼女は母親のお姉ちゃんだかおばあちゃんだかに育てられたが、その伯母か祖母がまた心の病気で働くことができず、その生活を支えるためバンコクに出稼ぎに行った後に、母親のいる日本へ更なる出稼ぎに来たというのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも涙ぐましい話だが、タイの女性に耳を傾けるとこう言った話は珍しくないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に比べだいぶ物価の安いタイとは言え、近年物価の上昇が目まぐるしくバンコクの主要路線付近の家賃は大阪並にまで上昇しているのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ人の平均年収は日本円にして150万円程度と言われているが(日本人は400万円程度)、普通の仕事ではせいぜい丸1日働いて1ヶ月1万バーツほど(日本円にして3万円強)しか貰えないとも聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで貧しい家庭に生まれた女の子たちは、家族を養うために、あるいは親自信が娘を売春の世界へと導いていくらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ人に限らず、東南アジアの人たちはとにかくお金に貪欲だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貪欲なのは悪いことではないが、やれチップだふっかけだボッたくりだ価格交渉だ、正直うんざりすることも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがこの島の住人は、他の国々や都市と違いボッタクリや価格交渉をしてこない。

 

 

 

 

 

 

逆にこっちが不安になるくらいである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、郊外の道端で犬と遊んでいる4歳くらいの現地の女の子がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が合うと、それはとても無邪気な可愛い顔でニッコリと微笑んでくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は決してロリコンではないし、何なら子供自体あまり好きではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがその時僕はその子が今世紀最大に可愛いと感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中でゲームやスマートフォンが普及する中、子どもたちもすっかりデジタルな世界に浸りこんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなご時世、あんなに犬と楽しそうに遊んでる子供がいるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この島も、シーズンオフとなれば自給自足の生活が続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このベストシーズン、稼ぎ時に稼がなくて彼らは大丈夫なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし親が病気で働けなくなったら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの無邪気な処女少女が、20年後も変わらずに微笑んでいてほしいと願う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



記事の全文へ

光と闇の記憶 〜闇編〜


脳ミソの大脳辺縁系の一部に、海馬という記憶を司る器官がある

 

 

 

 

 

それは脳の中でもとりわけ貧弱な器官であり、また最も研究されている器官でもあるそうな

 

 

 

 

 

 

 

 

その海馬がたちまちダメージを喰らうと、新しいことを覚えられなくなったり記憶障害を起こしたりするらしい

 

 

 

 

 

特にPTSDや鬱病を発症させると、海馬の萎縮が顕著になるのだとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔何かの記事で読んだことがある

 

 

 

 

 

『ヒトが物事を忘れるのには意味があり、生まれてからのすべての記憶が思いのままならば、ストレスで人は死んでしまうだろう』

 

 

…と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめ、失恋、失業、借金…

 

 

 

 

 

日本というこんなに豊かな国でも、生きていく上で色々なストレスと向き合わなければいけないことを考えると、忘れるという能力は時には弱点であり、時には強い武器になるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな今回も、今年僕が体験した世にも不思議な切ない物語を実話を元にお話させていただこうと思う

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、彼女(この“彼女”とは、あくまで日本語で言う3人称代名詞の意で、俗にいう恋人的な意味合いではなく特別な関係はない)の友達から連絡があった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はどうやら今ICUに入っており、危篤状態とのことだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は突然の心臓発作で、大丈夫なのかという僕の問いに対し、彼女の友達からは多分助からないだろうという返事がきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は遅かれ早かれいつか死ぬ、それは生きている上で絶対に避けられない通らなくては行けない道なのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は心では寂しいと感じても、頭のどこか哲学的にそう考えてしまい、死を惜しみ悲しみにくれるということはあまりできない性格だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

そしてそれから何日かして、彼女の容態がマシになってきたとの連絡が入り、安心したまま特に気にも止めることもなくそのまま1ヶ月が過ぎた頃、彼女の訃報が届いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから目をさますことも無く、静かにこの世を去ったとのことだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はどうか安らかに眠りますようにと心の中ソッと祈り、そしてそれからいくらもしないうちに、彼女の存在は徐々に僕の記憶から消えていった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の記憶とは淡く儚いもので、時間の流れと共に薄れていくもの







しかし時としてそれは鮮明に、強烈にもその人の脳裏にしがみつくという、僕は人生において貴重な体験をすることとなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、たまたま彼女のことを知っているという人物に出会った

 

 

 

 

 

その子は彼女と直接知り合いというわけではないが、同郷で後輩だったという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで僕は1つ、耳を疑う話を聞いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女やその友達、残された家族のプライバシー保護のため詳細は伏せさせていただくが、彼女の直接的な死因についての話だった






 








僕としては生前よくしてもらっていたこともあり、真偽を確かめるためにすぐさま彼女の友達に連絡をいれた

 

 

 

 

 

 

 

…が、それに対しての答えはあまりにも素っ気ないノーの返事だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、よくあるただの噂話に尾ひれでもついたのだろうと思い、その日は特にそれ以上何も考えることもなく、僕は泥酔した後に眠りに就き、そして夢を見た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは、今でも鮮明に思い出すことのできる夢(あるいは一種の臨死体験のような別次元に魂が抜けていく感じ)であった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

そこには沢山のヒトがいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうに友達と会話をするヒト、気持ちよさそうにお酒を飲むヒト、陽気に踊っているヒト、音楽に耳を傾けご機嫌なヒト…

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のヒトが、それはそれは楽しそうに各々の時間、空間を楽しんでいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









 

 

 

だが何かがおかしい

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

彼らをよく見ると、みんな目が笑っていなかったのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうにしているが、目だけは真剣なのだ

 

 

 

 

 

 

ギラリと何かを我慢しているかのように目に力が入っており、そして瞳孔が開ききっている

 

 

 

 

 

 

 

ヒトの光と闇を表すことができるのならば、それは闇の部分が表れているかのように

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも異様で気味の悪い絵面だが、その瞬間僕の中にナニかが入り込んできた

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

そしてそれがナニなのか、僕はすぐにわかった

 

 

 

 








 

声を聞いたわけでもなく、姿を見たわけでもない

 

 

 

 

 

 

 

だが僕の中で蠢(うごめ)く感情は、紛れもなく彼女だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は僕の中で叫び続けた

 

 

 

 

 

 

 

決して彼女の声ではなく、女性の声とも人間の声とも言えない、それは苦しみの淵から助けを求めているかのような、あるいはこの世に未練を残し恨めしい気持ちを訴えるかのような、そんな叫び声だった

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の中といえど、一瞬で気分が悪くなった僕は両手で耳を塞いだが、聞こえてくるのは外からではなく中から聞こえるもの…いくら耳の中をかき回し雑音でかき消そうとしても、その叫び声が消えることはなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

霊的なものを僕は信じないし、金縛りも医学的に考えてしまう

 

 

 

 

 

 

 

だがその瞬間は彼女が僕に憑依したというのか、それともイタコの口寄せの感覚とでもいうのだろうか、確実に僕の中には彼女がいた

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕の中で彼女は必死に何かを訴え続けた

 

 

 

 

 

しかもそれは、地獄の底から私を助け出して欲しいという願いより、お前も早くこっちの世界に来いよというような、とてもネガティヴな感情を持つ訴えだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はハッと目を覚ました

 

 

 

 

 

 

 

 

二日酔いも重なり、かなり気分の悪い目覚めだ

 

 

 

 

 

夢のことも鮮明に覚えており、まるで一晩中耳元で誰かが叫んでいたかのごとく、耳の中にはまだ叫び声がこだましているような感じがした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日変な噂話を聞いてしまったからだろうと考えていた時に、ちょうど彼女の友達から話したいことがあると連絡があった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その夜、久々に彼女の友達に会い、僕はまずその日みた彼女(?)の夢の話をした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを聞いた友達は、まるで悪いことをして叱られて反省した子供のような、複雑で神妙な面持ちで僕に真相を話してくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 



 

 

やはり、死因はただの心臓発作ではなかった

 

 

 

 

















 

その子もおそらく後ろめたいことが何かあるのだろう、その時一緒にいた人間やその他の詳細までは話さなかったし僕もきかなかったが、直接的な死因と、なぜそうなったかがわかった

 

 

 

 

 

 

 

その時に一緒にいた人間は、彼女が寝てると思いそのままにしたのか、それともヤバイと思って逃げ出してたのか…どちらにせよ放置された彼女を思うといたたまれない気持ちになる

 

 

 


 

 

 

 




 

 

 





 

 

夢に出てきたのは、ただの心臓発作でこの世を去ったと思われたくなかってのことだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思えば彼女があの夢の中で周りをどう見ていて、彼女がこの世を去る際にどんな悲痛な思いだったか、昨夜の夢を思い返すとすぐに納得がいった

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、死人に口なしである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

それから、僕はその夢のことが全く頭から離れなくなってしまった

 

 

 

 

 

 

一種のトラウマなのか、PTSDみたいなものなのか、あの時の悲痛な叫びと同じ周波数(音階?)の音を聞く度に、それがどこかのBGMだろうが空調から出る音だろうがどこででも聞こえるあらゆる雑音から、瞬時にあの時の夢がフラッシュバックして悲しい気持ちになるということにしばしば悩まされた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亡くなった直後には何も思うことがなかったのに、不思議な脳と記憶のいたずらである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

そんなつい先日、LINEで彼女がプロフィール画像を更新したとタイムラインに表示された

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてすぐに、僕のもとにメッセージがきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだ人間がプロフィールをいじり、あげく連絡がくる…何とも気味の悪い話だが、あんな体験をしているともしかしたら幽霊となって送ってきたのかもしれない

 

 

 

 




それとも、実はまだ彼女は生きているのかもしれない(またそのプロフィールの写真が、おそらく生きている間の最も直近で撮ったであろう姿で妙なリアリティを感じた)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな馬鹿げた考えが一瞬頭をよぎった

 

 

 

 

 

 






そして恐る恐る返事をしてみると、すぐに既読がついた










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEの主は、彼女の母親だった

 

 

 

 

 

 

 







 

 

特に会ったことも会話したこともないし、彼女が僕のことを母親に話したことがあるかどうかもわからない

 

 

 

 

 

もしかしたらLINEに入っている友達全員に送っているのかもわからないが、彼女の自撮り画像やそれらを組み合わせた動画などを沢山送ってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、私は彼女を愛しているとの文がきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、彼女が生きていた軌跡をいつまでも忘れないでほしいという、母親の願いなのだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、僕達もみんな彼女を永遠に愛していますよと、それを彼女に伝えてほしいと返事をし、それからありがとうと返信があった

 

 

 

 

 

 

 

 













 

 

 

 

 

 

 

 

 

今となっては悲しい気持ちになることも少なくなったが、雑音から連想される悲痛な叫びのフラッシュバックが今日もなくならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





天国の彼女は、僕のメッセージにまだ既読をつけてくれていないのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



記事の全文へ

光と闇の記憶 〜光編〜


2017年も、気付けばあと10日をきってしまいましたね

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、今年も色々あったな〜って言う奴がいるが、何もない年なんかないだろうといつも心のなかでツッコミを入れさせてもらっている

 

 

 

 

 

 

 

だが今年は、僕もそれを言いたいくらい本当に色んなことがあった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は前編後編に分けて、今年僕が夢の中で体験した世にも不思議な物語を実話を元にお話しさせていただきたいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稚拙な文面で読みづらいかもしれないが、ブログとしてはわりと長編の物語なので、是非時間のある時にゆっくり読んで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは前編、まずは“光”の物語です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼とは15歳からの付き合いだった

 

 

 

 

 

高校時代、一緒にアホなことを沢山してきて、卒業してからも毎日のように遊んでいたとても仲のいい親友だった

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど10年前には一緒に大阪に旅行にも来て、僕がこっちに住んでホストをするきっかけになったのも、今思えば彼が深くかかわっていたのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな今年、彼の訃報が届いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕には親友と言える地元の友達が3人いるが、今年の春まで彼らのLINEすら知らなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもいつまでも繋がっている仲なので、そもそも連絡を取り合う必要も別にないという全会一致の考えなのだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、年賀状が家に届くくらいで全く連絡をとりあうこともなかったが、今年の4月、東京に行く用事ができた時久々彼に会いたくなり、アドレスをどこからか探し出し僕は彼にメールをいれてみることにした

 

 

 

 

 

 

そしたらすぐに電話がかかってきて、数年ぶりに彼の声が聞けた

 

 

 

 

 

 

 

なんでもつい2ヶ月前に腫瘍を取り除く手術をして入院していたらしく、今はリハビリをしながら自宅療養中とのことだった

 

 

 

 

 

 

 

 

ならばきっと毎日暇してるだろうし、是非お家にお邪魔させていただこうと、僕は他のメンバーも誘い(不思議と気付けばグループLINEができていた)杉並区にある彼の家にみんなでお邪魔することにした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に彼に会ったのは3〜4年前の彼の結婚式で、その頃と比べると彼はだいぶ痩せこけ、杖をつきながら歩く老人のようなその姿は正に“弱っている”という表現が適切だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の嫁も1つ下の僕らの地元の後輩であり、かれこれ16年の付き合い、美人で性格もよくとても出来た女性とでもいうのだろうか、僕も人生であれほど素敵な女性をまだみたことがないと言っていいくらい、本当に誰がみてもいい子だった(お互い穏やかな正確であり、なんと彼らは16年間喧嘩をしたことがなく、嫁は彼以外男を知らないのである!多分…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日も彼女は上手に気を遣ってくれながら、僕たちは色んな思い出話や世間話に華を咲かせ、僕は今年からお店を任されたことや龍が如く6に出てくるという話をしたら、それはみんなもとても喜んで聞いてくれた

 

 

 

 

こうして好きなことをして成功しているのなら、あの時大阪に一緒に行ってよかったとのことだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして彼の体調がよくなったら、また前みたいにみんなで集まって、旅行とか温泉でも行こうぜと

 

 

 

 

目標は今年の9月、リハビリ中に彼はどうせ家にいて暇だろうし、どっか行きたいところでも調べといてくれと、そうみんなで話し合ってその日は解散すこととなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして帰りの駅に向かう途中、友達の1人が嫌な予感がすると言った

 

 

 

 

 

 

 

彼は、父親が同じ流れでガンを患い亡くなったからとのことだった

 

 

 

 

 

 

ただ昔から元気と行動力がすごく心臓に毛が生えているような男だったので、当時僕は全くそんなことはないだろうと思っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年の9月、突然お店に彼の嫁さんから電話があった

 

 

 

 

 

 

 

どうやら体調が悪化しまた入院したらしく、今はスマホをいじることもできないくらい体が麻痺して、体力も落ちて手術も出来ないでいるので、是非お見舞いに来て元気を分け与えてほしいとのことだった

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは再び集まり、更に地元からも応援を呼んで、府中にある彼の病院に突撃サプライズすることにした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5ヶ月ぶりに会う彼からは、もはや生命力が感じ取れなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗がん剤の使用で髪は薄くなり、顔も更に痩せこけては微動だにせず、か細く声にもならない何とか聞き取れるくらいの音で会話をするという変わり果てた様子だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは彼をみて、彼女が僕らをここに呼んだ本当の理由が何となくわかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

彼は、おそらく終末医療だった

 

 











 

 

病院の雰囲気、嫁の対応、先生や看護師の表情、そして彼の目を見て、僕たちは何となくそれに勘付いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それから1ヶ月もしないうちに彼は亡くなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁家族から、僕には是非精進落しの際の献杯の音頭をとってほしいとの要望がった

 

 

 

 

 



 

 

 

皮肉にも僕は彼らの結婚式で乾杯の音頭をとり、そして告別式では献杯の音頭をとることになろうとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、昔から本当にしょーもない嘘(人を傷つけたり誤解を招くような嘘ではなく、本当にしょーもない冗談)をつくやつだった

 

 

 

 

 

 

そこでついたあだ名がウルフボーイ、かのオオカミ少年をなぜか英訳して、僕らは彼をウルフと呼んでいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は最後にもやらかしてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと棺の中からヒョイと起き上がり、ごめん生き返った!と元気に蘇生するのである

 

 

 

 

 

 

 

その嘘はさすがにひどいよ〜と僕らも呆れ返っていたら、いつものベッドの上で僕は目を覚ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、彼は最後まで目を覚ますこと無く、泣き崩れる嫁と母親の意に反して焼かれていった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だよ、最後の最後まであいつは嘘つきかよ…

 

 

 

そう思って僕は、当日どうせ悲しみで頭がいっぱいになると思ったので考えていなかった献杯の音頭を10分前に思いついたのだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、僕が当日実際に話したであろう内容である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“彼は、みんなにウルフボーイと呼ばれていました。

 

いつもいつもしょーもない嘘で僕らを惑わし、そして笑かしてくれ、何でそんなことを言うのか、思いつくのか、彼の頭のなかには何があるのかと僕らはずっと不思議に思っているくらいでした。

 

それから、僕らは彼の発することはまず全て嘘と思って疑いにかかることにしました。

 

なので、今回このような訃報を聞いた時、まさかそれも嘘だろうと、彼のことだから、なんちゃって〜って言って元気に起き上がるんじゃないかと、どこかでそんな思いを抱いていました。

 

そして昨晩、彼は僕の枕元でしっかり嘘をついて帰りました。

 

夢の中では生き返るという死んだふりの嘘をつき、実際会いに来たらそれも嘘だったという、どちらにしても嘘だという彼らしい最後が見れたかと思います。

 

今日このように天気が悪いのは(その日は台風が日本直撃だった)、きっと雨男だった彼が僕らを上手に騙せて嬉し泣きをしている涙の雨なのでしょう。

 

僕も今悲しみに溢れていますが、逆に今からみんなで楽しそうにお酒を飲んで、全然俺たち悲しくなんかないんだぜ?って、彼に嘘を見せつけてやろうかと思います。

 

そんなわけなので、みなさん今宵は楽しく笑顔でのお付き合いをお願いいたします。

 

では天国の彼に向けて、献杯”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は飛行機も飛ばず電車も一部運転見合わせ、タクシーもつかまらず風で傘も持させないとう彼の最高の嫌がらせを受けながら僕は帰路についた

 

 

 













親友が1人いなくなるというのはとても悲しいことだが、今でも不思議とそこまで悲しいという気持ちにはならない














それは、連絡先など知らなくても必要な時に彼らとは再開をするし、例えこの世にいなくてもまた必要な時に彼は僕の前に現れると思うからだ













僕らの記憶と心の中で、彼は永遠に生きているのだろう


 

 

 

 

 








 

 

ただ、今のところ彼があれ以来まだ夢に出てきたことはない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

懲りずにあの世でも嘘をついて、エンマ様に舌を抜かれていないことを祈る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



記事の全文へ

ニャンてこった


猫好きなみなさんコンバンハカラオケ








ところで皆さん、もう申し込みましたか?





猫検定


















えっ…








知らない!?

























おまえ猫好きとしてやっべーな























はい、どうも涼聖さんです












そんな先日2/22に猫の日を迎えた我が国日本ですが、今や世間は犬よりも猫の方がすっかり人気が高くニャったみたいで












僕が猫好きだからなのもあるかもですが、僕のお客様でも最近は犬より猫を可愛がっている子の方が多いんですよね

















そんな猫好きなお客様たちに、涼聖さんは今までより一層キャーキャー言われたいが為に、この度猫検定なるものを受験しようという考えにいたりました

























{C4357117-36D6-441D-A091-BF336EFD3B8A}
















はい、猫好きの猫好きによる猫好きの為の猫検定です





of tha cat .


by the cat.


for tha cat.







…です。












試験場は全国5ヶ所、内容は初級と中級がございまして、各100問中の70%正解で合格








見事合格となれば…

























あなたは真の猫好き
















と、世間一般から認められるそうです














はい、まあ残念ながらそれ以外に今のところ使い道もなく、履歴書に書いたところでペットショップや関係先の企業の面接でせいぜい自己アピールポイントを数分引き伸ばせる程度の効力しかないかもしれませんが、僕は猫好きなのでAi for you -1st-に面接に来られた猫検合格の男の子には、特別優遇処置をとらせていただこうかと考えております














とりあえずHPから練習問題もできますので、興味がございましたら軽くやってみて下さいな↓↓


































え、変なところに繋がる??












あぁ…間違えてスターガイズの僕のページを載っけて、うっかりアクセス数稼ごうとしちゃいましたね











失敬失敬m(_ _)m






本当はこっちです↓









 
























って、ほすほすの涼聖さんのページやないかーーーーーい












またそんなセコいことしてアクセス数稼ごうとして、もう自分でググった方が早いんじゃん!?



って思うかもしれませんが、もう一度だけ僕を信じてチャンスをいただけませんか?










































残念でしたーホスキンでしたー




是非店舗と僕のとこにあるハートマークの部分にタッチして“いいね”して下さいm(_ _)m

















そんな猫好きたちの心理を巧みに操って自分の利益にしようとするエゴイスター涼聖さんですが、この猫検定の利益の一部は、飼い主のいない猫ちゃんたちへの飼育資金として寄付されるそうなので、是非猫好きの方たちで仙台、東京、名古屋、大阪、福岡近隣にお住いの方はご受験されてみてくださいね^ ^




なお、お申込は本日までとなっておりますのでお早めに!!!










参考書になる猫本も販売しておりまして僕も購入したので、試験には行けないけど興味のある方も試験合格を目指してる方も、是非この本を読んでみて下さいな♪












{7A98184A-1FDD-465B-A397-52F837077D95}

















あ、最後に肝心のHP載せるの忘れてましたね笑








































😜



記事の全文へ

Ai for youとは?


久しぶり過ぎるくらいにブログを書こうと思う(^^)






って言ってもただただ文章をたまには書かなければと思って、人間は使わない機能はどんどん退化していくっていうから、たまにはこうして小難しい文章を書かないときっと文章力がなくなってしまうかなと思って






そして従業員にブログ書けという割に、たまにはアメブロいじっとかないと仕様が変わっててわかんないなと思いまして









伝わりやすい文章を作る為に、また自分の価値観や趣味嗜好を知っていただく為にも、一周回ってやはりブログは必要かと思いまして












加えて、代表になった最近は専ら書類作成が僕の仕事になってしまいまして







シャッチョさんに企画書や経費の使い所をしっかり文面で説明できないと宮崎弁で愛情たっぷりにお叱りを受けてしまいますし、心が綺麗な代わりに字が汚い僕はパソコンで書類を作らないと読んですらいただけないので、タイピングの練習も兼ねてたまには酔ってない日くらいブログ頑張ろうと思いまして😢













さ、そんな本日のブログタイトルにもなったうちのお店Ai for youなんですけど、皆さん“Ai for you”の意味って知っています??







真相はあくまで僕も噂程度にしか耳にしたことない内容なので割愛させていただきますが、今回Ai for you -1st-の“Ai”には僕の独断と偏見で別の意味を込めさせていただこうと思います












今何かと巷で話題になり去年の流行語にもノミネートされ、尚且つ大阪ミナミではそりゃうちのパクりだよっていう名前のお店まで出ちゃうほどすっかり世間に定着されているAiですが、以下Aiとは“人口知能のAi”(artificial intelligence)として説明させていただきます












とある推計によれば、今後世界の肉体労働や事務作業の8割はこの人口知能“Ai”に委ねられると予想されてるわけですが、それと同時に人々は暮らしが楽になり人々は職を失うわけですよ











全自動バスやタクシーが街を走り(既に一部商業施設などで運用されてます)、全自動ロボットがホテルの受付をし(長崎の“変なホテル”がそうですね)、今や医療研究にロボットが患者役も診察役もできて医者いらず、囲碁や将棋もすっかりAiが強く、僕たちホストや風俗業を支える性産業までもがロボットに委ねられかねない世の中になってきました(男女共に向けたセックスロボットも世界各国で今製作されているみたいで…)








でも仮にそんなん凄いのが現れた暁には少子化に歯止めがかからなくなり、いずれ世界から人がいなくなりかねないと思いません?









仕事がなければ収入もないし、収入がなければ消費もない










更にAiやロボット推進派の人たちは不老不死讃美者が多く、下手しAiを利用して人間が半ロボット化する日もそう遠くないかもしれないんですって








個々の人間の感情部分だけを天才ロボットに移植させたり、逆に人口知能を搭載したナノロボットを人間に注入して常に新しい細胞を作り出す機械化したヒトを生み出したら、半永久的に生きられる人たちが今後生まれかねないですよ、まじで(そういえばAiは関係ないけど、お隣韓国ではペットを復活させるクローンビジネスがあるとか…)












生物には必ず死があり、だから子孫を残し、その為に進化をする、これが生のリズム









でも終わりが訪れなければ、そこに進化はなく今の人類の歴史はここで終わりということになる…










そう、不老不死なんてものはあってはならないんですよきっと












だから私たちはこれ以上なAiを求めるのは如何なものかと






  





今後Aiが作り出すような世界を望みたいのであれば、是非Ai for you -1st-にいらっしゃってください















いくつになっても少年少女でいれる場所




いくつになっても美しくいれる場所




いつまでもなくならないあなたの存在価値





 そしていつまでもあるあなたの居場所
 

















そんなAiが作り出す世界を、あなたに…








Ai for you














うーん上手くまとまったカナヘイハート






※もちろん、そんな当店でもお酒を飲み過ぎたら急性アル中になり死んじゃいますよ☠️
 お酒は程よく適量に😉






記事の全文へ

SIMフリーな話


世間ではもうすぐiPhoneSEなるものが発売いたしますね



スペック的にはiphone6sの3Dタッチがついていないヴァージョンで、サイズがiphone5シリーズと同じくらいって感じなのかな?






そしてiPhone6sを大手キャリアから発売日に買ったというユーザーはいよいよSIM解除もできちゃうわけですが、そんな最近では耳にすることも多くなったSIMフリーという言葉、イマイチなんなのかがわからない人も多いですよね






今日は涼聖さんがそんなSIMフリーについて、実際に使ってみて是非情報共有したいと思ったので簡単にかつわかりやすく説明してしまおうの回でございます




なおこのブログをお年寄りの方が見てるとも思えないので、カタカナ用語や英語表記に関しての説明は割愛させていただきますのでご了承下さい









そもそもSIMとは何なのか??




以前はみんな、docomoだったらFOMAとかそんな感じのガラケーを使っていたと思います(逆にFOMAを知らない超絶若年性な子たちはすぐにこのページから離れよう、18歳未満は閲覧禁止だぞ)


そんなFOMAだったら、FOMAカードってのが本体に差してあったのをご存知かしら????




そう、簡単に言ったらあれがSIMカードです

iPhoneをはじめとしたスマホにも全く同じ感じでSIMカードなるものがささっていて、それでdocomoだのauだのSoftBankだののキャリアが決まるわけです


んで、大概の方はみんなそれぞれのキャリアでiphoneとかスマホを購入してるわけですよね



その方が分割がきくとか、本体代が実質0円になるとか、長年使っている番号を変えたくないとか、各々の理由があると思いますが、それで大抵のスマホにはSIMロックなるものがかかっています



SIMロックというのは、要はそのSIMカードを抜いたとこで他のカードを入れても使うことができませんよっていう何ともケチくさい、でも簡単に言ったらそんな感じのシステムです



つい先日までそんなSIMロックを解除すること自体日本では出来ず、まだdocomoからiPhoneが発売されてない時代には海外で購入したSIMフリーiPhoneで無理矢理キャリアをdocomoにしていたなんていうのはまだ記憶に新しいですよね



そこから時代も流れてAppleでSIMフリーのiphoneも購入する事ができるようになりましたが、それでもお財布に優しくないSIMフリーを買うか、はたまたアノニマスにでも頼んでハッキングしてもらう以外SIMフリーにする手立てはありませんでした



…が、今では便利な世の中になったもので、各キャリアの店舗に行けばまぁ英世3人分くらいのお金ちらつかすとアンロックしてくれるし、各サイトに飛ぶなりして自分でやれば無料でもできるらしいんです、多分(その辺の詳しい話は各キャリアごとに事細かい条件があると思うので確認してみてください)





さあではSIMフリーのスマホを手に入れたとしましょう、ではお次は何ができるのか????




1つ目はそう、今流行の格安SIMに乗り換えることが出来ます



例えば僕が使ってるのはビックシムという格安SIM



僕のプランだと月々わずか1000円でデータ通信&SMSができます(もちろん通話できるプランやもっと安いプランもある)


電話はガラケーでできるし、でもSMS用に一応番号をつくっておけばFacebookやLINEなどのSNSでアカウントを増やすこともできます


そして家や職場にWi-Fiが繋がっているなればそんな大容量のデータ通信も必要ありません


僕なんかわりとこまめにSNS開いたりしてますけど、家もAi for youもWi-Fiが繋がるため月にせいぜい300MBくらいしか使わないですよ



って考えたら1000円のプランで十分、先月も6000MB中5800MBも有り余ってましたから(電波状況はdocomoと同じ)





通話はガラケーがあるので、そちらを電話のみにしか使用しなければせいぜい月々4000円程度



しかもガラケーだしそっちではデータ通信もしないから電池が長持ち、僕のは軽く4日間はもちます


あんま電話こないからね←





おかげで先月のケータイ代は2台持ちでなんと





¥4,750








世界一ケータイ代の安いホストとしてギネスに申請できそうですよ











そしてSIMフリーで役立つのがもう1つ



海外に行った際に現地のプランで使えるということです




普通に普段遣いのキャリアでローミングして海外で使うと、だいたい1日で3000円とかかかるんです



それが高いからとWi-Fiを借りて僕はよく旅行に行ってました




でもWi-Fiもあったら便利だけど、いちいち持ち歩かなきゃいけないしすぐ電池も切れるし、何ならそれ用のバッテリーも持ち歩かなきゃいけないし、壊したり盗難にあった時ように保険の加入も薦められる始末


お正月に行ったオーストラリアの際も相方の為にWi-Fi借りましたが、5日間で¥6000弱


ローミングに比べたら安いですけど、決して安くはないですよね



しかも通信状態が悪い時もあれば拾う電波は決してよくなく(3Gだったり)、おまけに制限も設けられてます




それが現地のSIMなら4Gも入れば(国や地域によりますが)値段も安い! 


例えば先日僕が利用したのはオーストラリアのOPTUSという通信業者ので、ゴールドコーストでもシドニーでもバッチリ4Gで値段も5日間滞在で1000円と激安でした




{E2D31B09-D0F1-4A15-90A9-546E3B9AF673:01}
※現地のSIMカード、OPTUS





ローミングした際の15分の1の価格ですね




更に現地でレストランの予約とかしたい時にもいちいち国際電話料金もとられないし、一石三鳥



方法は空港の各通信業者のカウンターで、つたない英語で5日間滞在するから安いSIMカードくれって言ったら勝手に設定もして渡してくれます



そして日本に戻ったらもとのSIMに入れ替えたら普通にまた元のように使えます



貸出も返却もいらず値段も安くて電波もいい!


今年から慰安旅行が海外になると噂されているDeep Groupでは今まさに必須な情報ですね!







僕も決して情報通ではないのでどこが安いとかいいとか、そんな詳しい情報まではあまり知りませんが、最近では0SIMなる基本使用料0円のものまででてきてるみたいですよ






情弱はどんどん搾取されていく時代…














是非皆さんも通信費を上手に抑えて、来たる4月12日の涼聖さんバースデーに控えようラブラブ!






今日は1部営業ですよ(^^)




記事の全文へ

ゴールデンウィークに向けて


すったもんだでもうすぐGWじゃないですか皆の衆




もうすぐってのはちょっと気の早い話かもしれませんが、みなさん休暇の計画はもうお済みですか?






僕達は例年通りGW中も休まず営業しておりますが、遅がけに3連休ほどお休みがございます






3日しか休みがないとなるとできることや行ける場所が限られてくるのですが、僕が今目論んでいるのがこの3つなんです




それでは1つずつ、僕の歪んだ性格を時折交えて簡単に説明していきましょう













①タイにあるバンクワン刑務所に行き、終身刑となっている日本人の面会に行く







このバンクワン刑務所というのは、首都バンコクの隣の県にある世界でもトップレベルの厳しい環境下に置かれている懲罰施設です




日本のような更生施設や矯正施設に近いあれではありません、完全な懲罰施設です





なので、畳一畳分に3人が生活しちゃうような、家畜の餌のようなご飯が1日1回だけのような、なのに施設内でシャブもいけちゃうようなそんな施設なのです




ただ誰でも面会できるということで、是非異国の地で囚われの身になった日本人に話を聞いてみたいなと




今現在何人の日本人が囚われているのかは定かではありませんが、彼らは大抵薬物関係で捕まってしまったと聞いています



って言ってもタイで大麻吸うくらいなら、実際バンコクで僕が見た感じでは、未成年がタバコを吸うくらいの感覚ではないかと




でもそれが国内外への持ち運びとなったら訳が違う、東南アジア諸国ではたちまち終身刑や死刑という重い罰が待っているのです




ヘロイン、コカイン、覚せい剤はモチのロンですね






そんな夢も希望も立たれた彼らがどんな生活を送ってて何を考えてどう生きているのか、気になるんですよね、まじで




彼らもまた退屈で寂しいらしいので、気になる方は是非お土産を持って面会に行ってみて下さい










続きまして











②ラオスに象使いの資格をとりにいく






これまた東南アジア、タイのお隣の国であるラオスですね



メコン川という大きな川を中心に街が形成されており、貴重な自然や仏教寺院も数多くある穴場的な国ラオス




去年の暮れに村上春樹さんの本のタイトルにもなっていましたね






そんなラオスではなんと、1日で象使いのライセンスをゲット出来ちゃうらしいんです





いつ象になんか乗んねん、操ってどうすんねんって思った人いるでしょ?






でもザコキャラのように死にたくなければ、色んな知識や技術を身につけ行動に移すのは必須条件










先日、インドで象が大暴れしたってニュースがありました






アフリカでは洪水で動物園のセキュリティが崩壊し、逃げ出した動物たちに住民が次々と襲われていくという事故もありました







いつ何時何があるかわからない世の中ですから、動物園の動物たちが脱走をして、ライオンやトラに周りが食い殺されている中、象の上にいたらそれはそれは安心でしょ??






地震でもそうですよ、30年以内に首都圏直撃の大型地震が来る確率が70%といわれていますが、誰もが「まさか今日来るとは思わなかった・・・」って口を揃えて言うでしょうからねきっと、世の中備えあれば憂いなしです








はい















③南大東島で幻の魚、インガンダルマを食す




沖縄県本島から東に位置するこの島は、豊かな自然に恵まれたちょっぴりマニアックな島




この島では、食べたら絶対に◯◯してしまうという幻の魚を食べることができるのです




・・・というのも、そのインガンダルマは市場への流通が法律で禁止されているのです



なので食べられるのは獲った人だけ、この島だけ




それはそれは、大トロにも匹敵するくらい脂が乗っていてとても美味しいんだとか。。。




まあ絶対に◯◯してしまうとのことなので、覚悟は決めて行かなければなりませんが






ちなみに八丈島だか青ヶ島だか、とりあえず伊豆諸島のどっかの島でも似たような魚が食べられるとか食べられないとか?関東在住の方はそっちのが近いかもしれませんね














さあどうです?考えただけでもウキウキしちゃうような秘境(?)ツアーでしょ





これを1人ででも心から行きたいと思うような変態に近い面白い人間には僕はまだ出会ったことがありませんが、是非気になるという方がいられましたら僕の方までご一報お願いします



きっと友達になれる気がします
















でもそろそろ家族連れてどっか平和な旅行でも行きたいなとも思う今日この頃でした















いやそれよりバースデーだ・・・





                  









                       完




記事の全文へ

正義の定義


正義の定義ってみなさん知っていますか?




だいたいの方は道徳的観念に基づくものをきっとお考えでしょうが、気になる方は一度Wikipediaで調べてみてください




それはもう途方も無い哲学的な話がつらつらと書かれていて、読み終えた暁にはきっとあなたの頭を悩ますこととなるでしょう…










皆さんこんにちは、Aiらぶ涼聖のおヂカンですよ







ブログねぇ、実は結構書いてたんですよ






でもね、下書きで全部保存してたんです






何かと大人の事情でタイミングが合わなくて







また気が向いたらちょいちょいそれらを更新していきますので、よかったら見てやって下さいね












バースデー終わるまではね







全然仕事関係ない内容だけどね






さあでは今日は正義について、ちょと哲学的で何の話やねんって思うかもしれないのですが、暇な方は是非最後まで読んでみて下さい











こんな話があります


















あるところに、刑事Aと刑事Bがいました




刑事Aは仕事に対して不真面目、勤務中でもすぐに一人でどこかに消えては、生涯で一度も犯人を捕まえたこともなく、給料ドロボーと同僚たちからも煙たがられているまるでダメな刑事




一方刑事Bといえば、類まれない刑事の才覚で犯人を次々と逮捕し、何度も表彰をされている模範中の模範な超優秀な刑事です




そんな対な立場にいる二人の刑事ですが、実は二人共予知能力に長けた人間だったのです









そんな刑事Aは事故や事件を予知し、常に被害が起きる前にくい止めていた側



 




一方刑事B、彼は犯罪が起きるやいなやすぐさま予知能力を使い、犯人を捕まえることに精を尽くしていた側








さあではここで皆さんに質問です










この際の正義って、どっちと思います?











この話はとある小説の一部を抜粋したものなのですが、この話にはしっかり結末があります





神様はせっかくの予知能力を与えたのに、まさか歴史を変えるような真似をするなどけしからんと言って、刑事Aが最後罰せられてしまうという結末なのです・・・









それではこの話をホストに例えてみましょう










Z店にとある二人のホストがいました





一人は、世間でカリスマホストと呼ばれるZ店の不動のNo.1、Sくん







そんなカリスマホストSくんのエースのお仕事は、ペットを扱うブリーダーでした



その仕事の内容はというと、劣悪な環境下でペットを育て交配をし、次々と動物たちで利益を作る仕事でした




餌もろくに与えてもらえず散歩なんてもってのほか、予防できるはずの感染症にかかっていてもなおお構い無し、次々と子供を作る為だけに交配させる悪徳ブリーダーなのです



そして世に名を轟かすカリスマホストSくんは、その抜群の知名度を駆使してどんどん動物たちの“買い手”を見つけては、エースの利益にも貢献し、それで売上を上げていたのです








もう一人は、そんなやり方が許せなく、打倒Sくんを掲げたZ店No.2の人気ホスト、Mくんです





そんなMくんのエースも、偶然にもなんと動物関係のお仕事でした



彼女は、恵まれない動物たちの里親を探す施設を営み、薄給ながら日夜頑張って働き、必死に動物たちの里親を探しているのでした



それを見かねたMくんも一緒になって里親探しを手伝い、Mくんのエースが勤める施設からはどんどん“飼い手”が見つかり、遂には施設から恵まれない動物たちの悲痛な鳴き声もなくなったのです




見事エースの念願を果たすことができたMくんですが、しかし困ったことにエースの仕事がなくなってしまった為彼の売上もなくなってしまい、結局彼はSくんに勝つことができず、No.1どころかNo.2の座も転げ落ちることになりました








そしてSくんはというと、抜群の知名度をSNSでも発揮し、リツイートの数だけ動物愛護団体に募金を募ると公言し、稼いだお金の一部を慈善活動にも目を向ける素晴らしいホストとしてメディアにとりあげられ、益々の活躍を飾ることになりましたとさん












さあではここで僕が何て言うか、みなさんもうおわかりですね













この場合の正義って、どっちなんすかね?













最後に、こんな画像があります











{AA411A99-7E88-4EC9-BAAD-CCC3351F48A5}











僕が思うに、正義というものなどは存在せず、人々の理想であり思想であり幻想なのではないですかね?





だからいつの時代も子供から大人までヒーロー物が人気を集め、人々は宗教に依存し、戦争が起きるんじゃないですかね?





戦争をしている人たちは、どちらも自分が正義だと思っているんです






そしてその戦争に負けないために、僕たちは日々マインドコントロールをされているのです









本当にこれらが、僕たちの見ている現実世界のからくりなんです








一方的な「めでたし、めでたし」を、生まないために

広げよう、あなたがみている世界














信じるか信じないかは、あなた次第です






※このホストの物語はフィクションです。登場人物や団体組織など、全て僕が創り上げた架空の存在であり、モデルとするものも一切ございませんのでご了承下さい。


記事の全文へ

もうすぐ周年やらバースデーやら


年が明けるとさ、毎年周年だ~バースデーだ~って考え始めるからハゲそうになるのよね





特に周年なんてもうタワーしてくれる人が直前まで決まらないということが何年続いてることか









そんな次の会議では周年の衣装やらタワーのデザインやら具体的な内容を決めなくてはいけないんだけど、その後すぐ迎えるバースデーもあるからそのことも併せて考えて頭抱えてる涼聖さん










そこで、暇がある時はネットサーフィン的なことをしながら、何かしらヒントになし得る物をとりあえず見つけてはピンをさしておいて、そんなことしてる間に今年のバースデーの衣装になり得るいいもの見つけちゃったんだよっていうのが今日のお話











なんか知らんけどお花は毎年ブルーローズが恒例になってるじゃない、涼聖さんバースデーは








そこで遂に、ブルーローズをあしらった素敵なバースデーの衣装を見つけたんですよ












それがコチラ、じゃん









{B267D786-DA9F-4A12-8EBC-DFEE9A9FC58A:01}




メゾンドボーテ?だかの新作ドレスですって!!








ブルーローズをあしらった素敵なドレス、まさに僕にぴったりじゃありませんか!







しかも“いいね!”が3,332件だったので、思わず僕も“いいね!”して3,333件にしてやりましたよ





してやった感ハンパねぇっすよ














…とまあ、予想通り滑った感じが漂ったしこれで話は終わりたいとこなんですが、その何ンドボーテだか何リアウィズだかわかりませんが、ピンときてわざわざスクショしたのもあれだしと、まあせっかくだしこれを見てお値段とか気になる方もいらっしゃるかもしれないと思って調べてみたのさ












そしたら
















{858B24D0-B32B-461C-922E-A822654C3917:01}

  







売り切れでしたぁゲローゲローゲロー



















記事の全文へ

新掲載店舗