HOME> ホストニュース> 体験談・物語ニュース> ニュース詳細
体験談・物語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【音弥的感覚】第一章~ホストに対する認識の変化 -前編- ~元ホストが経験したリアルの全て。



【序章】自己紹介


初めまして、

今回からメンズナックルホストのライター活動をさせてもらうことになった音弥(オトヤ)です。

よろしくお願いします。


さて、軽く自己紹介を兼ねてプロフィールを書いておきます。本人の写真などは一切載せないのでご了承ください。そのかわりといってはなんですが、僕がホストをする中で体験したこと全て事実を包み隠さず、お伝えしたいと思います。


▼プロフィール
名前:音弥(オトヤ)
年齢:20代
趣味:音楽鑑賞(V系、ロック)、映画鑑賞、ビリヤード
ホスト歴:トータル4年位?
口癖:だるい、眠い
備考:自分が今まで見てきたホストの裏側や実態、体験談などを書いていきます。誤解のない様に言っておきますが僕は既にホストを上がっています。それ故に書けることもあると思いますので悪しからずまた、基本的には自分が出会ったホストクラブやキャストについて書いていきます。記憶から引き出して書くので多少着色がある部分もあると思いますがご理解ください。

 




では、早速




【第一章】ホストに対する認識の変化

メンズナックルホスト 

僕は某飲食店で働いていました。
ですが、ある事情により僕はその職場をやめました。


そしてすぐにコンビニでバイトを始めましたが、当時同じ職場で腹来ていた彼女が店長からセクハラを受けていたようで、そのことで店長と揉めに揉めてコンビニをやめました。


今考えるとバカですね(笑)


その後は、中々仕事を見つける気になれず、何の刺激もないダラダラとした日々を過ごしていました。

メンズナックルホスト 

きっかけは突然・・・

そんな時、前の飲食店の職場からヘルプを頼まれ、あるお祭りのヘルプに向かいました。多分、この時ヘルプに行かなかったら僕はホストにならなかったと思います。


ヘルプに向かう途中、電車の乗り換えついでにたばこを吸うため、駅の近くで灰皿を探しに近くのコンビニに行き、そこで一服していました。


そして、一本吸い終わり、改めて電車に乗るために駅に向かっていると、いかにも当時の僕とは真逆のイケイケな身なりのお兄さんに話しかけられました。


話を聞くと、ホストの勧誘と言われ一度体験入店に来ないか?との事でした。でも、その時付き合っていた子がいたので相談しないとわからないと伝えとりあえず連絡先だけ交換しました。


実は、この時の僕はホストに対してある偏見を持っていました。それは「ホストは女の子に群がるヒモの様な情けない仕事」というイメージです。


なので、あまり印象は良くなかったのですがその半面、人生経験として興味がないわけではなかったので、その誘いが頭の中をぐるぐるしていました。ヘルプに向かう電車の中・ヘルプから帰るマネージャーの車の中、自分の部屋に戻ってからも相当悩みました。



-- ある日 --


僕はホストをはじめることの決心をし、その事を家族に話しました。その時の妹と母親の反応は今でも鮮明に覚えていますが泣きながら懇願(こんがん)するように反対されました。

メンズナックルホスト 

まぁ、当然と言えば当然ですね。当時は、今よりも更にホストに対するイメージが悪かったですから。


だけど、人間とは不思議なもので、
そこまで否定されると、逆にやってやろうという気になりました。僕は家族の反対を押し切り、その日の終電で体験入店に向かいました。


そして人生で初めてホストクラブに足を踏み入れました。




今回はここまで
次回は後編で『初めてホストクラブに行った感想、入店した感想』などを書きます。

また、そこで出会ったキャストに感じたことなども綴りますのでよろしくお願いします。






次の章>
【音弥的感覚】第一章~ホストに対する認識-後編- 〜ダメホストが経験したリアルの全て。





●関連記事

【美神愛海 連載企画 第2弾】『感じる歌舞伎町』~僕の中から愛が消えた~

【越前リョーマ 連載企画 第1弾】『売れたいなら俺に学べ』~俺が売れる理由

【渋谷奈槻】ホストでうつ病になった時もあった。

【昼職からホストへ】昼職と掛け持ちの土日だけのバイトで昼職の給料の3倍に!?

【ホストが衝撃のぶっちゃけトーク】稼げないホストは本気出してないだけ。






 

新掲載店舗