HOME> ホストニュース> 体験談・物語ニュース> ニュース詳細
体験談・物語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【音弥的感覚】第一章~ホストに対する認識の変化-後編- ~ダメホストが経験したリアルの全て。


皆さんおはようございます。
こんにちわ。こんばんわ。前回からライターをやらせて頂いてます音弥です。


今回は前回の続きから書かせて頂きます。
前回の記事はこちら



では、続きをどうぞ!



【第一章】ホストに対する認識の変化(後編)



ホストはやっぱり最悪

初めてホストクラブに足を踏み入れた僕は正直、引きました。
何故かと言うと店内は狭く小汚い、仕切りはやたらと高く天井はライヴハウスの天井の様にパイプなどがむき出しになっていました。


キャストも少なく、それに比例してお客様も少ない。
そんな環境でホストとしてやりたいと思えず、もっと他の店舗を見たいという気持ちになったので、そのお店には入店しませんでした。


メンズナックルホスト 

お世辞にも僕の想像していた、ホストクラブのイメージとは言えませんでした。


更にもう一つの決め手として、

『フリーペーパーに掲載されていた体験入店費用と、実際にその日に支払われた費用が大きく違った』のです。


フリーペーパーには

「体験入店費5,000円!当日現金支払い」

と掲載されていたのに、実際にその日受け取った金額はわずか2,000円。残りの3,000円は入店後の給料日払いでと言われました。


もちろん体験入店直前に電話でも確認しましたが、掲載情報で間違いないと言われていたのにもかかわらずです。


その時点でホストに対して新たな偏見が生まれました。
『ホストは嘘つき、ホストクラブは詐欺』という事です。
(ここで記事を書いているのでひいきするわけではないですが、メンズナックルホスト掲載店舗はそのようなことは一切ありませんでした)


何も知らなかった僕ですが、こんな事もあったのでホストをすることはやっぱり諦めようとも思いましたが、せっかく決心したんだしもう少し違う店なども見てからでも遅くないと考え、別の店舗に体験入店に行くことを決めました。






夢見たホストがそこにはあったが・・・

-- 体験入店当日 --

事前に指定された最寄り駅に着き
携帯の電池を切らした僕は、公衆電話から求人用ダイヤルに電話をしました。



電話に出たのは当時のそのお店(以降:S店とします)の代表さんでした。代表さんは肩書を利用して偉ぶったりはせずに、低姿勢でとても丁寧に対応してくれました。


そして、店舗の場所がわからない僕を電話の所まで迎えに来てくれ、店舗まで案内してくれました。



営業前の店内に入ると、一店舗目と比べものにならない程の広さでした。広くて、キレイで僕はその店内に一目ぼれしました。



「ここなら頑張れるかも...」

そう思った僕は、そのまま体験入店をさせてもらい卓に着かせてもらいました。


体験入店を終え、当時の社長との面談が入り、社長に2~3時間ひたすらに「一緒にやりたいな。一緒にやろう?」と誘われました。正直しつこいな(笑)と思いましたが、僕はその日についにS店に入店しました。



ホストはちゃんとした"仕事"だった



-- 翌日・入店初日 --

何もかもが「初めての体験」で物覚えの悪い僕は特に苦労しました。

会話の中で聞いてはいけないこと。
言ってはいけないこと。
お酒を作るタイミング。
灰皿交換。
煙草に火を灯す。

とにかく全部が難しかった。


会話一つとってもお客様が楽しくなるような話し方。
声のトーンの調整。細々した所まで全てを同時に考えながらやらなければいけなかったからです。




-- 入店3日目 --

そんな僕も初めて※送り指名を貰いました。
(※送り指名とは、女の子がそのお店でどんな形であれ一番良かったと思ったホストを見送りに選ぶシステムです。)


何も知らない僕は
「お客様お帰りです!」の掛け声と共にお客様と外に出て、


「今日はありがとうございました。」とだけ告げて番号交換さえせずに帰してしまいました。後から考えれば、何も知らない新人だから、そのお客様は営業をかけられないから都合がいいと思われてたのでしょう。



ホストはしんどいだけ。努力しても無駄



そこから3ヶ月間、僕は指名どころか送り指名すら貰えずにくすぶっていました。そのうちの2ヶ月は『全卓NG』でひたすらホール作業ばかりしてました。


しかも、S店では送り指名に選ばれないと女性客と連絡先を交換出来ないというお店だったので、僕の携帯は一向に連絡先が増えませんでした・・・。


連絡先が増えない僕は先輩に指示され※キャッチに出ました。
(キャッチとは、お店以外の場所で女の子に連絡先を聞くいわばナンパの事です。当時はキャッチは違法ではありませんでしたが現在は法律で禁止されています。)


だけど、キャッチに出ても女の子とあまり話したことが無かった僕は、外で女の子に話しかけても無視されるか「死ね」「消えろ」などの罵声を浴びせられ、心身共に疲れ果ててしまいました。

メンズナックルホスト 



そして、僕はSをやめました。


この時の僕の考え方は
「ホストはしんどいだけ、どれだけ努力をしても無駄」
そう思った僕は全てから逃げました。



入店から10ヶ月の事でした。





今回はここまで

>次の章
【音弥的感覚】第二章~ホストを続ける決心〜(前編)ダメホストが経験した全て。






 

新掲載店舗