HOME> ホストニュース> 体験談・物語ニュース> ニュース詳細
体験談・物語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【音弥的感覚】第二章~ホストを続ける決意-後編- ~ダメホストが経験したリアルの全て。






皆さんおはこんばんにちは、音弥です。


前回からかなり期間が空いてしまいましたが、
今回も前回の続きから書いていきます!
※前回の記事



【第二章】ホストを続ける決意(後編)



大変だったが充実した日々

C店に入店した僕は翌日から出勤しました。
このお店ではタイムカードがあり、ケータイのお財布機能で出退勤を押してました。


初出勤で相変わらずかなり緊張してました。


初回もヘルプも、
キャストとの会話すらうまく出来なくて、
悔しい思いをしてました。


酒も飲めない、
話もつまらない、
初回も思った様に接客できない。


自分の力のなさを思い知りました。


正直、開始1週間で辞めようか考えてました。(笑)


それでも続けて、少しお店に慣れて来た頃の事でした・・・。





小さな原因・大きすぎる影響



営業後、先輩や同期の何人かと話しをしている時、話の流れでみんなのチ〇コの大きさの話になりました。


そして、なんと店内で何人かがチ〇コを出し、大きさや太さを比べ出しました。

「誰のチ〇コが一番でかい」
「誰のチ〇コが一番太い」等

とにかく若い男の子のノリが苦手だった僕は、正直ドン引きしました。地元の仲間と同じような話はしていましたが、流石に見せたりはなかったので、僕にとっては信じられない光景でした。


更に、同期や先輩の対象は僕に矛先が向かい、その場の全員から「空気読め」「これくらい出来なきゃ売れない」とか色々言われました。けど、そんなノリに慣れてない僕は頑(かたく)なに拒みました。その結果、その場にいた全員の視線が一気に冷たくなりました。




そして、僕はその日から一気にC店に馴染めなくなりました。



そんな環境で仕事を続ける気にもなれず僕は悩んでいました。やると決めた初日の情熱も忘れ毎日をただやり過ごしていました。



これじゃ、ホストをやる前と何も変わらない…。
また、つまらない毎日の繰り返し…。



そんな時、友人から一本の電話がありました。


メンズナックルホスト 

友「もしもし、久しぶり元気にしてた?」
音「久しぶり、まぁ元気だよ。どした?」

友「そっか、今仕事何してるの?」
音「今?今は一応歌舞伎町でホストやってるよ?辞めようか迷ってるけどね。」

友「そうなんだ、今俺もホストやってるから、もし良かったら一緒にやらね?」
音「どこでやってるん?」

友「T県だよ。元々お前が働いていたところの近く」
音「そうなんだ、まぁ、ちょっと考えておくわ」



この日から僕の頭の中に友人の言葉がチラつきだしました。
日々の辛さから友人の誘いに魅力を感じるようになっていきました。


そして、僕はその年の大晦日。


実家に帰り友人に誘われた話を思い出した僕は友人と一緒に地元のホストクラブで働くことを決めました。



在籍していたC店を辞め友人のいるL店に体験入店に行きました。


そして、そのまま入店し僕は自分自身が軽蔑していた、元のしょうもない生活やホストクラブに逆戻りしてしまいました。
そう、僕はまた逃げていたんです。




今回はここまで

>次の章
音弥的感覚】~第三章~自分に勝つためにホストを続けた-前編- 〜ダメホストが経験した全て。






posted by
ホストクラブのニュースや求人などの店舗情報をお届け!
No.1ホストまとめサイト
MEN'S KNUCKLE HOST  /  メンズナックルホスト

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 |

新掲載店舗