HOME> ホストニュース> 話題ニュース> ニュース詳細
話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャバクラ嬢がオーナーに】話題のマツエク専門店DOORオーナー春咲ひなたにインタビュー


メンズナックルホスト 

 

まつ毛エクステ専門店DOOR


asian clubに勤務してる現役のキャバ嬢春咲ひなた。

そんな現役のキャバ嬢が自らオーナーとして歌舞伎町にまつ毛エクステの専門店DOORをオープンした。

キャバクラとマツエクのお店のオーナーとして二束のわらじを履く彼女に今回はインタビューを決行した。

 

元々自分の目にコンプレックスがあった


メンズナックルホスト 

---マツエクのお店をオープンされた経緯を教えて頂けますか?

元々私自身目にコンプレックスがあって色々なマツエクのお店に付けに行っていたんですが、中々納得のいくお店に出会えなかったんです。
マツエクって目の形で向いてる向いてないとかあるんですけど、向いてない私にでも凄い丁寧に接してくれて、上手いアイリストに出会ったんです。

その時に、こんな自分でも納得できるのであれば、同じことを考えてる人でも満足できるようなお店を作っちゃえばいいじゃん!って思ったのがきっかけですね。




---店名のDOOR(ドア)にはどんな意味があるのですか?

自分自身まったく美容業界のことしらなかったんです。
だから新しい自分のドアを開けたと思うし、お客さんもうちのお店のドアを開けると新しい可愛い、かっこいい自分に出会えるっていうのを掛けてDOORって店名にしました。




---オープンするに当たって一番大変だと思ったことはなんですか?


私自身元々美容関係の人間じゃないので、まったくの無知なところから勉強して、まったく新しいところに挑戦することが一番大変でしたね。
実際キャバクラとの二束のわらじも大変ですし。
週4でこっち(DOOR)にいるようにしてるけど、キャバクラのほうも昔から来てくれてるお客さんもいるからその人たちをお店出したからさよならなんて出来ないからキャバクラのほうにも出るようにはしてますね。

でも今はオープンしたてなので主軸はこっち(DOOR)ですけどね。
お店を出すって言ったときもお店は応援してくれた本当にいいお店だと思いますasian clubは。

実際オープンしてからは友達も来てくれるし、まったく新規のお客さんも来てくれるのでいい滑り出しは出来たかなって思ってます。



 

メンズもマツエクするべき

メンズナックルホスト 

---お客様はどんな客層が多いのでしょうか?


そうですね。歌舞伎町って土地柄やっぱ夜のお客さんが多いけど色々な媒体に出しているので初めてマツエク付ける高校生とかもいらしてくれてますし、隣が岩盤浴なので岩盤浴帰りのOLさんとかも来てくれるので幅広いお客さんが来てくれてますね。

でも最近ホストさんもいらしてくれますね。メンズもイケメンになれるのでお勧めですね。



---メンズの方もマツエクを付けるのですか?


特にメイク男子は絶対にやった方がいいです。
マスカラとかやってるならその時間短縮出来ると思うし、なによりもスッピンがイケメンになるから絶対やった方がいいと思います。
結構夜の仕事あるあるなんですけど、夜はかっこいいけど昼間みたら残念みたいな人が多いんですけど、そういう人には特にやってもらいたいですね。
もちろんメイク男子じゃなくても目力が強くなるので絶対おすすめですね。

よく勘違いされるんですが、メンズは女の子みたいに長いまつ毛を付けるんじゃなくて、自まつ毛が増えるって感覚で思ってもらえれば。
そこを勘違いしてる方が多いのでメンズは敬遠されがちだけど、自然にかっこよくなれるんです。

例えばハーフっぽくしたいなら茶色っぽい色素薄いまつげを付けたり色々なやり方があるので。

中にはメンズは入店拒否みたいなお店もありますが、Doorの扉を開けるのはあなたなのでメンズも大歓迎です!ぜひ一度いらしてみてください!
スッピンもイケメンにします!
※参考⇒【綾波 珀が行ってみた】理想の顔になれる? 話題のマツエク店DOOR




 

実感したことは適当なお店が多かったこと



メンズナックルホスト 

--実際にオープンしてなにか感じたことはありますか?


ありますね。
いざオープンして、他のお店でマツエクしていた子とかがうちのお店に来てくれるんですけど、こっちでそれを見てみると本当に杜撰(ずさん)なところが多いです。
きっと許可得てないで営業してるところも多いだろうし、こんなにも適当なお店が多いんだなって感覚はありましね。
そんなのを見ちゃうと、ちゃんとしたお店(しっかりと許可を受けているお店)として、もっとちゃんとしっかりとやっていきたいですよね。

あとは目のことなんで、自分じゃ見えないじゃないですか。
見えないからキレイに出来ている風でも、自分じゃキレイに出来てるかわからない。
そういうのが本当に許せなくて。

だからうちのお店はオープンしたてっていうのもあって今は本当に上手い人しか雇わないようにしてます。

店長は私にきっかけをくれたアイリストですし、他のアイリストも地方からお願いしてこっちまで来て貰って働いて貰ってます。
そこを妥協したら負けなのかなって。




---今後の展望はありますか?


私自身がさっきも言ったように適当なお店が多いって知っちゃったからには、もっと店舗を拡大して安全で早くてってお店をどんどん増やしたいと思います。
なので皆さん自分を可愛く、かっこよくしたい方はぜひDoorでお待ちしております!
新しい自分に会いましょう!



 

Door (ドア)
■住所
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-8-1佐藤ビル4F
■電話番号
03-6205-5408
■営業時間
平日/11:00~21:00
日祝/10:00~20:00

▼SNS
Twitter/@TOKYO_DOOR
INSTAGRAM/@tokyodoor

 


▼春咲ひなたSNS
Twitter/@hinatanuki917
INSTAGRAM/@hinatanuki




●関連記事

【キャバ嬢の本音】歌舞伎町azian club春咲ひなたにインタビュー

【キャバ嬢グラビア】ASIAN CLUB 春咲ひなた

【綾波 珀が行ってみた】理想の顔になれる? 話題のマツエク店DOOR




 

新掲載店舗