HOME> ホストニュース> スペシャルライターニュース> ニュース詳細
スペシャルライター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【20代素人女子の突撃インタビュー!連載第一回】ホスト業界ってどんなところ?~神条七星編~





はじめまして。ライターの中野です。

今回、縁あってメンズナックルホストの連載を書かせていただくことになりました……でも、ホストって実は、行ったことがない。
いや、正確にはホスト好きな友達に連れられて1回、行ったことはある。男の人がかわるがわる席に来て、去って行ったような……

そんな私が、冬月グループ(FGHD)の1000万円プレイヤー、指名100本プレイヤーでもあり、ion incのプロデューサーでもあられる神条七星さんへ、インタビューをすることに!
ド素人ながらの目線で、ホスト業界のあれこれに迫りたいと思います。


メンズナックルホスト 

神条七星
冬月グループ / FATE-PLUS-,FATE-RIZE-プロデューサー
1000万プレイヤー、指名100本、2016年度グループ
年間売上ナンバー5の記録を持つカリスマホスト。



中野:初めまして。この度インタビューさせていただきますライターの中野です。よろしくお願いいたします!

七星:よろしくお願いします!

中野:私ホストのこと全くわからないのですが、お手柔らかにお願いいたします。(笑)早速なのですが、神条さんがホストになろうと思ったきっかけを教えてください。

七星:自分は高校生のときに大学受験をしていて、志望校にも合格したんですね。
でも、いざ進学しようってなったときに、実家にあまりお金がないことが発覚してしまいまして。もし自分が大学に行くとすると、二人の妹が大学進学できなくなってしまう、というのを親から聞かされたんです。

中野:そうだったのですね……!それで、大学は諦めたのでしょうか。

七星:はい。そういうことなら、自分が働いて妹たちの学費を稼ぎたいと思いました。
それからは地元仙台で、塾講師とバーを掛け持ちして働いていたのですが、なかなか稼げず……それで東京に出てきて、22歳の頃にお金を稼げそうだと思ったホストを始めました。

中野:お兄ちゃんの鑑ですね。
でも……大学へ行かなかったことを後悔したことはないのですか?

七星:そうですね、後悔したことはあります。
仕事が上手くいってないときとかは、進学した方がよかったんじゃないかな、と思ってしまうこともあります。
でも、大学は"学びたかったから"行きたいと思ってたんです。
その点では今も様々な知識を学べているので、後悔はないですね。


メンズナックルホスト 

中野:なるほど。ちなみにどんなことを学びたかったのでしょうか?

七星:もし大学に進んでいたら、航空系の工学や宇宙について学びたいなと思っていました!
高校生のときにアインシュタインの相対性理論を読んでいて、そういうのが好きだったんです。

中野:インテリだったんですね!

七星:いや、インテリ系ではないかな。(笑)
ただただ、宇宙が好きでした。

中野:そうなのですね。
それでは逆に、ホストをしていてよかったなと思うことをお聞きしたいのですが。

七星:お金をもらえる、とかそういうこと以外にですよね。
冗談です。(笑)
これは、知らない人たちと知り合える回数がとても多いことですね。
ホストをしていると、今まで絶対出会えなかったような人たちと話せて、その人たちの人生を垣間見ることができるんですよ。
面白い人が、世の中にはたくさんいるんだなと思います。

中野:素敵なご回答ありがとうございます!
七星さんは、かなりギャップのある方なのだな、とお話を聞いていて思います。
ちなみに、ご趣味は……?

七星:趣味は、スキューバダイビングです。
こう見えてレスキューダイバーの免許も持っているので、人も助けられます!

中野:それもかっこよすぎるギャップですね!ありがとうございます。


甘い顔立ちのカリスマホスト、神条七星。
恐る恐る挑んだインタビューでしたが、その男前すぎる中身を知り、ホストにはまる女性の心理をひしひしと実感したのでした。

メンズナックルホスト 

さて、まだまだ続く神条七星さんへのインタビュー。
次回は、気になるホスト業界のお話や、七星さんがカリスマたる所以に迫ります!






posted by
ホストクラブのニュースや求人などの店舗情報をお届け!
No.1ホストまとめサイト
MEN'S KNUCKLE HOST  /  メンズナックルホスト

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 | ライター一覧 |

新掲載店舗