HOME> ホストニュース> 独占インタビューニュース> ニュース詳細
独占インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【UNIVERSE 蒼甫(ソウスケ)】たった二ヶ月で不動のNo1に? 刺青だらけのカリスマホスト

 

刺青だらけのカリスマホスト。圧倒的な結果でここまで上り詰めた。


メンズナックルホスト 

大阪ミナミのカリスマホストクラブUNIVERSE(ユニバース)にて圧倒的な記録、結果を残し続けるカリスマホストがいる。

下剋上。たった二ヶ月で不動のNo1。

あのカリスマ揃いのUNIVERSEにて、たった二ヶ月で不動のNo1を手に入れた蒼甫(ソウスケ)に独占インタビューを決行した。


メンズナックルホスト 

元々はスカウト業でグループの代表をしていた

UNIVERSE(ユニバース)に入店したきっかけは完全に下剋上だった。UNIVERSE(ユニバース)に入る前大阪でにスカウト業をして、自分でグループを持ち代表をやっていた。
実はそのスカウトを始める前に1年くらいホストを経験していて、そこでも今と変わらないくらい売上はあげていたし1000万も何回か売っていてもちろん不動のNo.1だった。

その中でスカウト業を初めてみて、実際夜の業界に信頼が出来る仲間っていうのがあんまりいないことに気付いた。だからスカウト業よりもグレーなホストクラブで少し綺麗な形で信頼できる仲間、人脈を作りたいと思い始めました。そうしてホストに戻ろうと思ったのが一つのきっかけですね。

そこから「どこでホストをやろう?」って考えたときに、以前働いていたホストクラブでは僕より売上がないのに有名になっていたり僕に少し偉そうだったり、もてはやされてのを見てきました。他店でも僕より売上もないのにイケてるホストって言われてたり。

「それなら下剋上だ!」って思って思い切って有名ホストが集まるUNIVERSE(ユニバース)に入店しました。あ、正直スカウトを辞めたのはいきすぎたスパルタ教育で部下の手の甲を刺してしまいクビになったのもありますけど(笑)




周りとの"温度差"に違和感を感じた

元々の性格なのかもしれないけど、僕自身仕事に対して、遅刻や欠勤などが許せないタイプなんですよね。それがホストだからって許されるのも納得できない。僕が最初に働いていたお店それが当たり前に許されている環境だったので、自然とみんなとのやる気の温度差に違和感を感じ始めました。それが『ホストを初めて最初の壁』だったかもしれない。

でも、その中で僕自身が『不動のNo1』になることで、僕を見てくれる後輩が増えてくる。お店のトップに立ってやる気のない先輩方にも自分の結果を見せることで自分が厳しく指導することが出来ました。あとは「僕の背中を見てくれ」と後輩たちにも言ってきていたので、自然と遅刻などは "負のイメージなんだ" っていうのがお店全体に出来てきました。そうやってトップの人間がしっかりと背中を見せることでお店全体は変わっていくと思います。




15歳で初めて刺青(イレズミ)を入れた

今ではこんなに刺青が入ってますが、最初に刺青を入れたのは本当にただの興味だけで入れました。15歳の時、地元にたまたま有名な彫り師さんが大阪市内から来ていて、その人に左腕から左胸まで彫ってもらったのが今の総身彫りになったきっかけです。
初めは15歳なので彫り師さんに断られていたけど、1ヶ月くらい毎日その彫り師さんの家に通い詰めて、僕自身こんなに刺青を入れたい!っていう心からの熱意を語って口説き落として、やっと彫って貰えました。

その彫り師さんとは今でも付き合いがありますが、あの時のことを振り返った時に彫り師さんが言いました。「あの時、俺があと5歳くらい歳をとっていたら、15でそんなことを言う小僧は
殴って家に帰していたね。」と話ていました(笑)

刺青を見て怖がられることもあるけど、僕は凄いシャイなのでお客様にはそのギャップを楽しんで貰えてると思います(笑)。それに刺青が入ってるからこそ、良くも悪くも注目されると前向きにとらえてます。実際に入れてみて変わったこと(困ったこと)と言えば温泉、プールに入れなくなったことくらいかな(笑)



メンズナックルホスト 

結局は自分との闘い

僕が一番ホストとして気にしていることはいつでも自分に負けないようにすること。

あとはプレイヤーとして違うホストと売上など競い合いで戦うことがあるじゃないですか? そういう時にホストとしてホストのルールをビシッと守って勝負することです。

それは僕がオーナーなど管理職についた時も従業員に徹底させると思います。勝負は勝負、バチバチしている姿を見てお客様がしんどくなったり辛い思いを必要以上にしない接客、気持ちいい殴り合いをしていきたいからです。そして勝負が終わった後も戦った仲間を大事にできる粋(いき)な人間像を僕は目指しています。





舐められた終わり。勝ちたい。負けたくないって思い続ける。

売れるためになにが必要かって言われても正解は誰にもわからないと思う。ただ僕が言えることは負けたくない。勝ちたい。舐められたくないって気持ちを強く持ち続けることは必要だと思う。

今売れているホストさんで負けてもいいよーなんて気持ちでやってる人なんていないと思うし、本当に負けず嫌いの人だらけだと思う。

でもだからと言ってお客様が嫌がるようなことはしたら絶対にだめ。お客様に対して嫌なことは言わない、嫌なことは聞かない。お客様への姿勢はこれが大切です。





メンズナックルホスト 

一年間No1じゃ満足できない。まだまだ高みを見てるから。

あの有名ホストばかりのUNIVERSE(ユニバース)で、一年間ずっとNo1を取ることが出来たけど、正直全然満足していない。だって僕はもっと上の高みを見ているから。

次は二年連続で1億円プレイヤーってところを見てる。そうすることでどんどんホストとして有名になっていけると思ってるから。そしてそのまま日本で一番有名なホストになるっていうのが僕の現時点での一番の目標。その目標のためにはまずは二年連続で1億円プレイヤーになることからだと思う。

そうしてあとは、心の底から信頼できる仲間を作ることが出来れば僕のホスト人生は自分自身で納得できる結果になるんじゃないかな。





最後に一言。

一撃必殺。



メンズナックルホスト 



 
お店を探す LINEで求人相談する お問合わせ



●関連記事

遥(はるか)本気のプロデュース『UNIVERSE-ユニバース-』がメンナクホストに掲載開始!

【UNIVERSE 楽】この世は簡単な事で溢れているのにやらないことが多いだけ。

【雑誌連動企画ホスニュー】愛海の部屋!ゲストは大阪UNIVERSEから遂に遥(はるか)が登場!

【UNIVERSE 楽】この世は簡単な事で溢れているのにやらないことが多いだけ。

 

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 | ライター一覧 |

新掲載店舗