HOME> ホストニュース> 独占インタビューニュース> ニュース詳細
独占インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛躍する人はワケがある。さらなる高みへ、一颯翔の揺るぎない向上心

メンズナックルホスト 

歌舞伎町のホストとして数々のNo.1を記録している一颯翔さん。多くの雑誌やメディア等にも取り上げられ、ネオホストの代表的存在としてホスト業界を牽引している彼。実績、知名度共にスター級でありながら、本人は今の自分には満足していないと語る。その向上心はどこから来るのか。そしてホストとして女心を掴んで離さないテクニックなどを語っていただきました。

田舎のサラリーマンを辞め、ホストの世界に飛び込んだ理由

ーーホストになる前はサラリーマンをされていたんですよね?
メンズナックルホスト 
翔:そうなんです。出身は沖縄なんですけど、上京したくて(笑)でも東京出る前に一度田舎挟んでお金を貯めようと思い、三重県でサラリーマンしてました。身一つで知らない場所に行ったから当たり前だけど友達もいなくて(笑)そんな時、たまたま手に取ったホストの雑誌に「この人めちゃめちゃカッコイイ」って思う人がいて。それが今の社長でした。この人の元で働いてみたい。そう思ってホストを目指しました。


ーー実際に会ってみて社長さんの印象はいかがでしたか?


翔:社長は行動で惹きつけてくれる魅力がありました。そしてとにかく人望がある。現役を引退した今でも、毎日どこかしらの店舗には出勤してて。トップの人間が現場にいるのは大きいなって感じる。社長の現役時代も少し見れたんです。営業方法とかマネしてた。当時は本当にかっこよくて。今は太って雰囲気は変わっちゃったけど(笑)


ーーいきなりホストの世界に飛び込むのは勇気がいると思うのですが、やはり売れる自信があったんですか?

翔:自分の中では売れるのは時間の問題かなって。自信はありました(笑)でも元々、人見知りするタイプで。今のお店がオープンする日、僕含め従業員が30名くらいいたんですけど。俺と、もう一人の同期だけ社長に呼ばれて。「お前ら大丈夫か?研修中からお前ら二人だけが心配だ」って言われたのは今でも覚えていますね(笑)




ーー数々の雑誌の表紙を飾り、モデルとしても大活躍ですよね。お客さんから反響とかありますか?

翔:雑誌を見て来てくれる子もいますね。メディアに載るようになってからは、女の子の妄想が勝手に進んでるなって(笑)それがありがたい時もあるし、逆に期待値が大きくてきついときもあります。イメージが出来上がってて、会ってみたら違ったみたいな。もう慣れましたけどね(笑)
 

売れっ子ホスト一颯翔はなぜ女性にモテるのか?

ーー不動の売れっ子のイメージがありますが、女性から指名される秘訣を教えてほしいです。
メンズナックルホスト 
翔:結構ラインとかも重要かな。やみくもに返すんじゃなくて、女の子の生活パターン必ず合わせるようしています。仕事終わった時や、起きる時間大体このくらいかなって考えて、そこにパンって送る。相手の生活習慣のリズムの隙を見つけるみたいな。そうするとお客さんも返しやすいと思います。


ーーなるほど、気遣いが重要なんですね。他に女心を掴むテクニックとかってありますか?


翔:例えば、付き合って無くても一個の記念日って作れると思うんです。初めての指名してくれた日を覚えておいて、一ヶ月後とかに「今日で出会って一ヶ月だね」みたいな(笑)女の子も好きで来てくれてる訳だから、そういう小さいサプライズもやっぱり嬉しいんじゃないかなって。


ーー天才ですね、モテる理由が分かりました。逆にホストとして苦手なことはありますか?


翔:トークはホントにダメで。俺のこと楽しいと思って指名する子はあんまりいないと思う(笑)酒に関してのハンデも相当あって。実は、お酒全く飲めないんです。でも、呑まなきゃいけないお客様の時は頑張るんですけど。それが大変かな。お酒は未だに苦労しますね。
 

飛躍的成長の秘訣は、謙虚さ+圧倒的な吸収力

ーーモチベーションを維持するのって難しいと思いますが、何か秘訣はありますか?
メンズナックルホスト 

翔:自分の売上が下がった時は、できるだけ本を開く!自己啓発本とか結構好きで。仕事術とか、時間管理術みたいな(笑)役に立つかはわからないけれど、読むとモチベーション上がるのは事実なんで。家にたくさん本があるので驚かれます(笑)勉強になることは、折り目つけて読んだりしますね。


ーーホスト業界を引っ張るカリスマのイメージですが、ご自身の中で手応えは感じますか?


翔:自分ではまだまだだなって。正直、周りを見たら凄いホストだらけだから。歌舞伎町歩いてる時もかっこいいホストがいたら注目してます(笑)撮影とかで一緒になるホストの方も、本気でリスペクトしている部分が沢山あって。自分には無いものを持っていたり、負けてるなって思う部分があると凄く刺激になります。


ーーもう十分凄いと思いますが、謙虚すぎませんか?


翔:お店では一番手の自信はあるんですけど。他のグループのもっと凄い人達の領域を目指すのが当たり前だと思ってて。自分まだ到達できてないって思う。そこに対する勘違いはしないですね。だから、他店の凄いホストさんと働いてみたいです(笑)自分より優れてるなって思ったら全部吸収したい。見て一緒に働けば吸収できると思うから。


ーー 最後にこの仕事に対する想いがあれば聞きたいです。


翔:ホストは若くして稼げるし、夢のある仕事だと思います。でも、思い返せば辛い時期もあった。丁度怪我で手術したり、ネットに事実じゃないことを書かれたり。悪いことが重なって、誰にも言えずに一人で悩んだ時期もあった。あの当時は思えなかったけど、今ではそういう経験全て含めて凄く感謝しています。色んな人に出会えるのがこの仕事の好きなところですね。ゆくゆくは、何かする前に世界一周してみたい。ホストの経験を活かして、この業界以外にもチャレンジしてみたいです。


 


【ホストプロフィール】

一颯翔(Sho Ibuki)
沖縄県出身。
歌舞伎町のクラブROMEO&JULIETで取締役を勤め数々のナンバーワンを記録。
超小顔を誇る抜群のスタイルと甘いマスクで雑誌や数々のメディアにも引っ張りだこ。今後の活躍から目が離せない。

 




●関連記事

【昼職からホストへ】昼職と掛け持ちの土日だけのバイトで昼職の給料の3倍に!?

【昼職の女性】をねらえ? 元No1ホスト驚きの戦略がコチラ

【どんな人がホストになるの?】驚きの結果が!!

【実録】ホストが語る本当にいた身の毛もよだつ怖い客

源氏名のナゾ。売れるホストの源氏名とは?





 

新掲載店舗