HOME> ホストニュース> 学ぶ・知るニュース> ニュース詳細
学ぶ・知る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ホス学】新人ホストの育て方 BY"流行流夜"


流行流夜が教える
新人ホストを伸ばす教育法


歌舞伎町の店舗FATE -SHINJUKU-でカリスマホストとして活躍している流行流夜さん。
取締役兼executiveplayerを務めながら、人材リクルート等もこなしている彼。そんな流夜さんに、未経験の新人ホストを伸ばす教育法や、ホストとして売れるための極意を教えていただきました。


未経験で入る新人ホストの教育法

ホストは経験者の移籍もありますが、本当にド素人からスタートする子もたくさんいます。何もわからない未経験者の子の指導は基本はチームのメンバーで教えていくことが多いですね。ホストとしての営業の仕方から、最近ではSNSの書き方とかもこうしたほうがいいとか一から教えていきますね。



売れっ子ホストに全身プロデュース!?

教えるだけじゃなくて、最近は新人の子をプロデュースみたいなこともやりましたね。 1人の子をどうやって売り出すかみたいな。身なり、服装とかこういう感じはどう?って提案してあげるんです。最近はジェンダーレス系とかも流行ってるから、髪色とかメイクも取り入れてみたり。服とかもその系統のを着せて。キャラを確立させる(笑)その子は結構売上が上がりましたね。



初回が取れないなら“何か一個尖らせろ”

新人の子の中には、お客さん0の子もいます。特に初回が取れない子にはいつも “何か一個尖らせろ”って言っていますね。ファッションなら何系のファッションって揃えたり、お笑いならそのキャラを確立させろって。自分のあかんとこもええとこも一個尖らせれば一定層のお客さんを掴めると思います。それが徐々に絶対的なファンになるので。



分からないことは、自分から積極的に聞きに行くこと

僕も昔は、仕事で分からないことがあったら自分から聞きに行っていましたね。初回のとり方から、送り指名の貰い方のコツ、シャンパンの煽り方、タワーの頼み方、、こういう接客はいい、悪いみたいな。やっぱり聞かないと教えてくれない人が多かったので、積極的に質問するようにしていました。



イベントの前のプレッシャーとの向き合い方

やっぱり、ホストの子ってバースデー前のプレッシャーとかに押しつぶされてしまう子もいます。でもそれって今まで頑張ってきたことの結果の場だから、直前はどうしようもない。今更もがいてホスト自身が不安になると、逆にお客さんにもプレッシャーをかけて来づらくなることもあります。悩んだところで変わらないんだから、開き直って楽しむことが大切だと思います。






 

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 | ライター一覧 |

新掲載店舗