HOME> ホストニュース> おもしろニュース> ニュース詳細
おもしろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【実録恐怖体験!?】ある意味忘れられないすごいお客様

毎日何十人という女性がお店に来店され色々な女性と会話するホストクラブ。
そんなホストが忘れられないお客様とはどんなお客様なのか?
夏にぴったりな恐怖体験を交えた実録をご覧ください!


 

自分がおとぎ話のお姫様と勘違いしてる女(28歳/歌舞伎町ホスト)

メンズナックルホスト 


そいつは初回できました。

初回で来ると、内勤に大雑把なプロフィール的なのうちのお店は言わないといけなくて、

呼んでほしい名前
お酒の強さ
タバコを吸うか

などを着くホストのために聞くんですけど、こいつはその紙を見た瞬間やばいと思った。

名前は王女様、
お酒の強さは血を飲む・・・。


いや地雷でしょこいつ。でも着かないわけにもいかないので着いてみると案の定着いた瞬間に「あんた私のなに?」という質問が。

王女ってことは王子でいいのかなと思ったので「君の王子かな、迎えにきたよ。」と答えるとなにやら刺さったみたいで機嫌がよくなりました。

「ここの下僕たちは全然だめ。誰にも魔力を感じない。王子の器はあなたしかないわ。」とかよくわかんないこと言い出したけど乗っかって
僕「みんなとは違う世界なんじゃないかな?僕と君との世界が一緒なだけでみんな住む世界が違うだけだよ。」
王女「そうだね。だからあなたと出会うことができたのね。乾杯しましょう。」
僕「今日の出会いにかんぱーーい!」

ってな感じで乾杯はしたものの、内勤がワインを持ってきた。

僕「あれ、王女様はワインすきなの?」
王女「何を言ってるの?これは血よ?」
僕「・・・。いただきまーす。」

王女様はハイペースで血(ワイン)を飲んでいて、大丈夫かよと思ったけど大丈夫?と聞くとめんどくさい返しがくると思ったのでその話はしなかったんですが、いきなり立ちだしました。

王女「サビエル。ダンスでもしましょう。」
僕「ここでダンスは出来ないです(笑)。ホストクラブなんで。」
王女「サビエル大丈夫?前にも言ったけどダンスといったらお手洗いでしょ!」
僕「初めて聞いたし、サビエルって誰だよ・・・。」

そんなやりとりがあってトイレまでエスコートしようとするとワインを話さないので、
僕「ワインは卓に置いておこっか?」
王女「何いってるの!これがないと私の魔力が減ってしまうじゃない!」
僕「あ、そうですか・・・。」
王女「もう心配性なんだか・・・ウォエエェェ」

王女様の口からワインと一緒に嘔吐物がお店に散らばった。と同時にうんこも漏らしだした。
ゲロとうんことワインの匂いで貰いゲロするホストやお客さんもチラホラ・・。


こんな色々な意味で濃いお客様は生まれて初めてだし、今後も現れないことを祈ります。



 
38歳夢はAKB!。(21歳/歌舞伎町ホスト)

メンズナックルホスト 

初回で来たお客さんなんですけど、なんか雰囲気で察しました。やばいおばさんが来たな。と。
着いて早々「私渡辺麻友に似てない?」って言われたので
「いや、遠くから見てて本人かと思ったよ。近くでみても本人にしか見えない!」
と持ち上げておきました。
 

そしてその最初の持ち上げが効いたのが何回か来店してくれるようになりました。
なぜか制服で。

確認のため伝えますが38歳のおばさんですよ。


ちなみにAKB発足してから応募はしてるみたいで、返事がないことに対して本人は
「今輝いてる指原もハロプロ落ちてるし可愛い子が落ちるのはよくあること」
と言ってました。

ここまでは全然いいんですが、結果的にいうとストーカーになるんですよね、こいつ。


家がなぜばれたのかは謎なんですが朝8時にピンポーンとインターホンがなって見てみたら38歳の自称まゆゆの姿が・・・。
どうしたの?と聞くと会いたくてきちゃったとのこと。

来ちゃったじゃねーよと思いながら彼女が一緒に住んでいたので家に上げるわけにもいかず警察にも管理人にも通報しました。
そこから嫌がらせが始まって、彼女と喧嘩の毎日でしたがあるとき彼女とあることに気づく。

喧嘩してたら自称まゆゆの思う壺じゃねーか!
ということで彼女と結託して作戦会議しある方法を思いついた。

決行の日の昼相変わらずインターホンを押してくるまゆゆを家にあげ、「彼女と別れたよ。お前がこんなに俺に思いを寄せてくれてるの気づかなくてごめん。これかは一緒に幸せになろう。」と伝えると舞い上がっていたのでその流れで、同伴しない?と言うと即OKがでた。

同伴出勤し、ヘルプをつけて僕は他のお客さんのところへ。
そう、彼女をお店に呼んでいたのだ。
彼女はホストに来たこともなければ、夜の業界で働いたことがないので当然ホストで豪遊できるお金はないが、内勤を呼んですぐにシャンパンを3本入れた。
会計にすれば40万くらいかな。お店にシャンパンコールが鳴り響く。

シャンパンコールの終わりにマイクを渡されて彼女は俺にこういった。

彼女「(俺の本名)大好き!ずっとあそこで二人で暮らしていこうね。」
僕「本名バラされましたがでも凄い幸せです、ずっとこのまま居れたらと思います!」

こんな感じのやり取りをして、シャンパンコールが終わってからまゆゆの元へ戻った。

まゆゆは彼女に激怒していて、「あのブス自分がブスでただの客ってことに気づいてないの?」
僕「どうだろうね。でもあんなにお金使ってくれてる女の子を俺も雑には扱えないよ。」
まゆゆ「なにそれうざい。ATMいってくる。」

正直笑いが止まりませんでした。まさしく狙い通り。

1時間くらいして戻ってきたまゆうは内勤にキレながら「あいつが頼んだシャンパンの倍ちょうだい!早く!!!」

つまり会計は80万くらい。

彼女との作戦は、口でなにを言っても聞かないまゆゆ。
だったらもうお金を使わせてお金を0にして追い込めばいい。
そうすればもうお店にはこれない。家にきたらもう通報しまくる。これが作戦でした。

そのあとは、なぜかアフターも要求してこなかったです。
そのあと2回くらいお店には来ましたが、ばったり来なくなりました。

ヘルプから聞いた話だとすぐにア○ムに駆け込んでお金を借りたらしくおそらくパンクしてしまったのでしょう。
男として最低ですが、彼女の身になにかある前でよかったと思います。






 

 

posted by
ホストクラブのニュースや求人などの店舗情報をお届け!
No.1ホストまとめサイト
MEN'S KNUCKLE HOST  /  メンズナックルホスト

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 | ライター一覧 |

新掲載店舗